モヤモヤなかぁーず2ハワイ編

なんだか日差しが強いと思ったら、デューク・カハナモクがいるし、まさかのほんとにハワイに行って来ました。
海外旅行2回目にして、常夏のハワイ・オアフ島とハワイ島をブラブラしちゃいました。
20120516hawaii_025s.jpg
ハワイに行ってみてわかったモヤモヤPOINTは、「海と空が青くてきれいー」、「日本人多すぎ」、「お店で日本語通じる」、「どこでもアロハ~」、「アメリカだけどアメリカでない」です。わいはー。
あのWikiの語源にもなっているホノルル空港内を走るWikiWikiシャトルバス。
ウィキウィキ(Wiki Wiki)はハワイ語で「速い」を意味する。
20120516hawaii_018s.jpg
【モヤモヤなかぁーず】HAWAIIモヤモヤMAPその1オアフ島(GoogleMap)
【モヤモヤなかぁーず】HAWAIIモヤモヤMAPその2ハワイ島(GoogleMap)

ハワイグルメ

ハワイはアメリカであるが、伝統的ハワイ料理や、移民たちの食文化の影響を受けたローカルフードなどがある。
【ロコモコ】
日本でも有名なハンバーグ&目玉焼きごはんです。CAFE100はロコモコ発祥の店といわれています。1個1ドル99セントと激安です。デミグラスではなくグレービーソースです。お醤油をかけて食べます。味は、まぁまぁです。
CAFE100のロコモコ
【ガーリックシュリンプ】
カフク地方で養殖されるエビをにんにく風味の油で炒めた料理。インターナショナルマーケットプレイスにあるブルーウォータシュリンプ&シーフードというお店のワンプレートランチを食べました。なかなかうまいです。辛さが選べます。
ブルーウォータシュリンプ&シーフードのガーリックシュリンプ
【サイミン】
ラーメン風の食べ物。スープは、エビでだしをとっていて関西風の薄味でさっぱり。ワイラナコーヒーハウスで食べたが、麺がやわらかすぎた。
ワイラナコーヒーハウスのサイミン
【アサイボウル】
アサイーというむらさきの果物をスムージーにして、上にバナナやイチゴ、ブルベリーをのせて、はちみつをかけたもの。アイランドビンテージコーヒーのアサイボウルはめっちゃおいしかった。
アイランドビンテージコーヒーのアサイボウル
【Tボーンステーキ(ポーターハウスステーキ)】
念願のTボーンステーキ。ハワイとは関係ないアメリカ的なお肉でT字の骨の左がヒレで右がサーロインだ。一度で2つの部位が楽しめる。ウルフギャングステーキハウスのお肉は28日間熟成させたもので、やわらかくてすごくおいしかった。店の客は全員日本人だった。
ウルフギャングステーキのポーターハウスステーキ
【スパムむすび】
フライパンなどで軽く焼いたスパムを握った塩飯の上に乗せ海苔で巻いたもの。セブンイレブンのがおいしいらしいが、遠かったのでABCストアのにした。ごはんがねぇ。
ABCストアのスパムむすび
【モーニングセット】
卵料理とパンケーキのセット。アイホップのセットメニューだが、やっぱ量が多い。
アイホップのセット
【ハンバーガーとエビと野菜のグリル串】
アラモアナセンターでのランチ。ババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニーだ。店内はアメリカ的な雰囲気でよいよ。味もおいしかった。
ババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニー
【ハワイ伝統料理】
ロミロミサーモン、アヒポケ、ポイなど。ヒルトンのワイキキ・スターライト・ルアウでのビュッフェで食べました。味はともかく、めずらしいので食べてみてよい。マイタイの飲みすぎに注意です。
ヒルトンハワイアンビレッジのビュッフェ
【ショートブレッドクッキー】
ビッグアイランドキャンディースのショートブレッドクッキーは、ハワイ島ヒロの工場直営店でしか入手できません。バターとマカデミア・ナッツがたっぷり入ったリッチな味わいです。品質管理に自信を持っていて、手で一つひとつ、クッキーにチョコをディップしています。
ビッグアイランドキャンディースのショートブレッドクッキー
というわけで、お腹いっぱいです。

ビッグアイランド

はじめてのハワイにもかかわらずオアフ島だけにとどまらず、行ってきましたビッグアイランド・ハワイ島。やっぱハワイに来たらハワイ島に行かなきゃ。
オアフ島からハワイ島まではハワイアン航空の飛行機に乗って約50分ほど。
 ■ ホノルル(HNL)発 11:28 → ヒロ(ITO)着 12:19
ハワイアン航空のボーイング717
(1)ヒロの町並み
着いたところはハワイ島東側にあるヒロという町。ヒロはハワイ州ではホノルルに次いで第2の都市ですが、古っぽい街並みでなんだかゆったりしていて地元住民のための町という雰囲気です。
ヒロのダウンタウン
スクールバス
(2)ロコモコ発祥の店
CAFE100というドライブインで元祖?ロコモコ昼食
第二次世界大戦中にハワイに住む日系二世は自分達のアメリカに対する忠誠心を示すためにハワイ日系人の志願兵のみで「第100大隊」を編成しヨーロッパ戦線で活躍したこと。第100大隊にちなんでこの店に100という名前を付けたとのこと。
ロコモコ発祥の店CAFE100
(3)バニヤン・ツリー
ヒロには巨大なバニヤン・ツリー(ベンガル菩提樹)があります。大きく横に広げた枝から気根という長い根を垂らしてどんどん成長し広がっていきます。
巨大バニヤン・ツリー
(4)ファーマーズマーケット散策
ファーマーズマーケットには色あざやかな農作物が並んできます。新鮮な農作物を手頃な価格で購入できるということで地元のレストランもここで食材を調達するそうです。毎週水曜日と土曜日に本格的なマーケットが開催されるそうでこの日は少な目でした。地元スーパーKTAでコナ100%コーヒーを買いました。
ヒロのファーマーズマーケット
アンスリウム
(5)ココナッツ・アイランド
ヒロ湾につき出した小さな島ココナッツ・アイランドです。緑の芝生とヤシの木に癒されます。ハワイ語では モクオラ(癒しの島)と呼ばれています。ウミガメもいます。
ココナッツ・アイランド
ヒロ湾
堤防のおかげでヒロ湾はとても穏やかですが、ヒロの町は何度も津波の被害にあっているそうです。1本のヤシの木に
ヒロを襲った津波の高さが記録
されています。
(6)ビッグアイランドキャンディーズ
ハワイ島に来たらお土産で必須なのが、ビッグアイランドキャンディーズのショートブレッドクッキーです。ここでしか手に入りません。
ビッグアイランドキャンディーズ
(おまけ)
ツアーのガイドさんが車の中でかけてくれたIsrael Kamakawiwo’ole が歌う”Tengoku Kara Kaminari”という歌。ハワイ出身の相撲取りである、曙、武蔵丸、小錦の偉業を称えた歌なのですが、
 ♪曙~、武蔵丸~、and、小錦~(YouTube)
っていうサビの部分が耳に残ってはなれません。歌詞はこちら
ハワイ島の旅は火山編に続く・・・。

----------
【たびの地図】
HAWAIIモヤモヤMAPその1オアフ島(GoogleMap)
HAWAIIモヤモヤMAPその2ハワイ島(GoogleMap)

キラウエア火山

ハワイの世界遺産といえばキラウエアということで、今も活発な火山活動を続けているハワイ島キラウエア火山へ行ってきましたレポートの続きです。世界遺産登録区域のハワイ火山国立公園までは、空港があるヒロから車で50分ほど行ったところにあります。ハワイ火山国立公園内では、展望台から火山の火口を望んだり、流れた溶岩が冷え固まった溶岩台地の上を歩いたり、まさに地球の鼓動を感じることができました。
火山は活きています。標高1,200メートルの山頂にある巨大な「キラウエア・カルデラ」と、その内部にある「ハレマウマウ火口」。もくもくと白煙を上げるハレマウマウ火口は、火の女神「ペレ」が住むと言われる神聖な場所です。現地の人々には「ペレが怒った時、火山が爆発する」と信じられています。
ハレマウマウ火口
オヒアレフアの花が咲いています。オヒアレフアは黒い火山性溶岩岩石に生えて成長する木です。木の部分をオヒア、赤い花の部分をレフアと呼びます。この木と花にはペレの怒りにふれて木にされた恋人たち(オヒアとレフア)だという伝説があるそうです。
オヒアレフアの木
チェーン オブ クレーターズ ロードを下っていくと、道路の両側は見渡す限りの溶岩大地。1969~1974年に流れ出た溶岩流が冷え固まった溶岩台地の上を1974年生まれの男が歩きました。
溶岩台地
1974年に流れた溶岩
ケアラコモ展望台では、溶岩流が海まで到達したことがわかります。
ケアラコモ展望台
サーストン・ラバ・チューブという溶岩トンネルです。溶岩流の外側は外気に触れて冷え固まり内側の熱いドロドロの溶岩はそのまま流れ出て溶岩トンネルになります。
サーストン・ラバ・チューブは、マナ(霊力)が宿っているといわれ、スピリチュアルスポットとなっています。
サーストン・ラバ・チューブ
さぁ、もう一度、キラウエアの火口を見に行ってみます。

日が落ちると日中は見えない溶岩のオレンジ色が見えるようになるはずが濃い霧のため見えず。残念と思っていたら少しだけもわっと赤いものが見えました。写真は失敗です。

ほんとうは真っ暗になってしまうと火口の周りの様子が見えないので、日没のちょい前の時間がベストとのことですので、行く場合は日没時間を調べてから行きましょう。
天気がよければこんなかんじに見えるらしいです。
http://www.maikaiohana.com/JP/wp-content/gallery/kilauea_halemaumau/halemaumau_night_02.jpg
というわけで、ハワイ島は日帰りです。
■ ヒロ(ITO)発 20:56 → ホノルル(HNL)着 21:45
【ハワイ島の地図】
モヤモヤなかぁーずHAWAIIモヤモヤMAPその2ハワイ島(GoogleMap)